とりあえずHP の使い方

METAタグを設定しようサイト全体にMETAタグを設定する

このページは上級編となります。まずは初級編・中級編をマスターしてからご覧頂くことをおすすめいたします。焦らずじっくりと取り組んでいこう!

サイト全体にMETAタグ(keyword、description)を設定することができます。

[基本情報の設定]をクリック

管理画面のメニュー[基本情報の設定]をクリックします。

左メニュー[基本情報の設定]画面
キーワード(META keyword)に単語を入力します

ページ下部に「サイト全体にMETAタグを設定」という項目という項目があるので、
まずは「キーワード(META keyword)」に単語を入力します。
ここに入力した内容が、<meta name=”keywords” content=”●●●” />に設定されます。

キーワードには、ホームページの内容を表す単語を4つ程度、半角のカンマ「,」で区切って入力します。
※ホームページのなかで掲載している内容や関連の深いキーワードを入れると、検索エンジンに対して効果的です。
※「<meta name=”keywords” content=”」や「” />」は自動的に入るため、入力の必要はありません。キーワードにあたる文字のみ、カンマ区切り「,」で入力してください。

たとえば、仮に、あなたが東京都の「あおぞら学習塾」というホームページを運営している場合、下記のようなキーワードが考えられます。
入力例 [ 学習塾,進学塾,あおぞら,東京都 ]

キーワード・ページ概要入力画面
ページ概要(META description)に文章を入力します

次に「ページ概要(META description)」を入力します。
ここに入力した内容が、<meta name=”description” content=”●●●” />に設定されます。

ページ概要には、このページの内容を表す文章を50〜80字程度で入力します。
※検索結果の画面にも表示されることが多いため、ページの内容をかいつまんで説明するような文章を入力します。
※「<meta name=”description” content=”」や「” />」は自動的に入るため、入力の必要はありません。ページ概要を表す文字列のみ入力してください。

たとえば、仮に、あなたが東京都の「あおぞら学習塾」というホームページを運営している場合は下記のような概要が考えらえます。
入力例 [ 東京都のあおぞら学習塾では、やる気を伸ばす指導を心がけています。 ]

このページでご紹介している設定内容はサイト全体にMETAタグを設定する手順ですが、各ページでも、それぞれにキーワードやページ概要を設定することも可能です。

各ページでMETAタグを設定する方法はこちら

※各ページで設定されている場合は、そちらの設定が優先されます。(各ページで設定されていない場合は「サイト全体」の設定内容が反映されます。)

【ヒント】どのようなMETAタグにすれば良いかわからない場合

どのような観点でキーワードを検討すれば良いか、タイトル・METAタグにはどんな役割や設定のポイントがあるのかを知りたい場合、以下ページをご覧ください。

キーワードの洗い出しについて
タイトルタグの考え方
METAタグの詳細

ロゴマークを表示させる

文字に装飾やリンクを設定する

Googleマイビジネスに登録しよう

外部フォームを利用する

SNSリンクを設定する

Googleアナリティクスの設定

アクセス解析を見る

無料オンラインサポート実施中

\ホームページ制作のプロに個別相談/

とりあえずHP無料個別レッスン

個別レッスンの詳細

PAGE TOP