とりあえずHP の使い方

上級編

ファイルアップロードを活用しようアップロードした「PDFファイル」を使う

このページは上級編となります。まずは初級編・中級編をマスターしてからご覧頂くことをおすすめいたします。焦らずじっくりと取り組んでいこう!

アップロードした「PDFファイル」は『埋め込み用タグ』を使って、
「PDFへのリンク」として「記事の本文が入るエリア」に表示することができます。

[ファイルアップロード]をクリックします
左メニュー[ファイルアップロード]画面
使いたいPDFファイルの「埋め込み用タグ」をコピーします

コピーするタグをなぞるようにして選択し、マウスの右クリックを押して表示される
メニューから「コピー」を選択するとコピーすることができます。

[埋め込み用タグ]コピー画面

※「Ctrl+C」でもコピーすることができます。(Macは「command+C」)

※念のため[このファイルを確認]をクリックして正しいファイルかどうか
確認しておくと安心です。

[各ページの編集]をクリック

PDFファイルを埋め込みたいページを開きます。
※トップページに埋め込みたい場合は[トップページの編集]をクリックします。

左メニュー[各ページの編集]画面
「PDFリンクを埋め込みたいページ」を選択します

『ページの選択』から、PDFリンクを埋め込みたいページをクリックして選択します。

PDFを埋め込みたいページ選択画面
HTMLソースエディタで「埋め込み用タグ」を貼り付けます

PDFリンクを埋め込みたい記事ボックスの[HTML]ボタンをクリックすると、
別ウインドウが開きます。

[HTML]ボタンのクリック画面
2でコピーした「埋め込み用タグ」を貼り付けて[更新]

HTMLソースエディタが開いたら、PDFリンクを埋め込みたい場所に
2でコピーした埋め込み用タグを貼り付けて[更新]をクリックします。
ここでは仮に、本文の下に貼り付けてみます。

※埋め込みたい場所にカーソルを合わせて、マウスの右クリックを押して表示される
メニューから「貼り付け」を選択すると貼り付けることができます。

※HTMLソースエディタには‹s›〜‹/s›や‹br /›といった「HTMLソース」が
表示されています。削除しないようにお気をつけください。

HTMLソースエディタでの 埋め込み用タグを貼り付け画面
埋め込んだPDFのリンクが表示されていることを確認して
[上記の内容で設定]をクリックします

管理画面の記事ボックスには「埋め込み用タグ」ではなく「PDFのリンク」が表示されます。

PDFリンク確認画面

表示を確認したら、忘れずに[上記の内容で設定]をクリックしましょう。

[上記の内容で設定]ボタンのクリック画面
ホームページを確認します

[ホームページを確認]をクリックして、
実際にPDFのリンクが表示されているかを確認してみましょう。
PDFのリンクをクリックするとPDFが開きます。

PDFリンク表示確認サンプル画面

デザインを選ぶ

ロゴマークを表示させる

文字に装飾やリンクを設定する

プロフィールの掲載方法

お問い合わせフォームの設置

外部ブログを利用する

外部フォームを利用する

Googleアナリティクスの設定

アクセス解析を見る

PAGE TOP