レベル1 – ホームページ名に社名・店名を入れる

とりあえずHPでは、小規模事業者向けに、ご自身でできるSEO対策をレベルに分けてご紹介しています。今回は、レベル1として、「自分の社名・店名で検索結果に表示させるため」の基本的な設定を行っていきます。

会社やお店の名前で検索結果に表示されなければ、あなたのホームページは誰にも見てもらえないことと同じ。まずは、あなたの会社やお店の名前を知っている人が、検索で確実にあなたのホームページにたどり着けるようにすることが、SEO対策の第一段階となります。

下記の内容を順番に確認し、まだ設定していなかったり・正しく設定できていない場合は、設定を見直してみてください。

タイトルタグとは?

「タイトルタグ」とは、文字どおり、ホームページの「題名」を示すものです。通常はホームページの裏側のプログラム「HTMLソース」に記述されており、ホームページを見ている一般の人には見えません。検索エンジンは、ホームページを巡回(クロール)する際、HTMLソース上に書かれている「タイトルタグ(ホームページの題名)」を自動的に読み取っていきます。

もし、タイトルタグに、あなたの会社やお店の名前が書かれていないと、検索エンジンはその会社やお店の名前がキーワードであるいうことがわかりません。GoogleやYahoo検索で、あなたのお店の名前を入れても、検索結果に表示されなかったり、表示されたとしても上位に表示される確率がとても低くなってしまうため、しっかり入力しておくことが重要です。

ホームページ名の設定方法

「とりあえずHP」では、管理画面の「基本情報の設定」で、「ホームページ名」に入力した内容が、タイトルタグとして自動的に反映されます。

とりあえずHPの使い方|基本情報の設定方法

まずは、ここに自分の会社やお店の名前を入れておいてください。

img_column-seo_1-1_001

上記の例は、学習塾のホームページです。
ホームページ名に「個別指導学習塾フォーカス」と入力しました。
これでタイトルタグには、入力したとおり塾の名前が反映されます。

タイトルタグの確認方法

本当にタイトルタグに反映されているかを確認したい場合は、ブラウザのブックマークで、自分のホームページを登録してみるとわかります。

img_column-seo_1-1_002

上記は、Google Chromeでホームページをブックマークに追加したときの画面です。 「名前」の欄に、先ほど「ホームページ名」に入力した文章が反映されていればOKです。

※少し専門的な操作になりますが、ブラウザで、ホームページのHTMLソースを確認することもできます。例えば、Google Chromeの場合、メニューから「表示」>「開発/管理」>「ソースを確認」を選ぶと、ホームページの裏側のHTMLソースが表示された画面が出てきます。

img_column-seo_1-1_003

<title>●●●●</title>

で囲まれている部分(上記の赤枠)に、先ほど入力した文章が反映されていれば、タイトルタグが正常に設定されている状態です。

まとめ

少々当たり前に感じるかもしれませんが、まずは「自分の会社やお店の名前を知っている人」が検索したときに、きちんとホームページを見つけてもらうために、SEO対策の初歩としてこの設定をしっかり確認しておきましょう。

※「レベル2 - 3つのMETAタグをそれぞれ設定する(近日公開)」でご紹介する「METAタグ」を設定している場合はそちらが優先されます。

自分でできるSEO対策 一覧に戻る

気軽につくれる、素敵なホームページ「とりあえずHP」

とりあえずHPは、素敵なホームページを気軽につくることができるホームページ作成サービスです。
「メールを送る」程度のパソコンスキルがあれば、驚くほど簡単にホームページを作成することができます。
業種ごとに作り込まれたテンプレートデザインや文章のサンプルもあるので、ホームページづくりにあまり時間が割けない人にもおすすめ。大切な時間をホームページ作成に費やすのではなく、本業に集中させることができます。

PAGE TOP