ttl_column_20150902

見る人の心をつかむ!「ホームページ説明文」にメリットを明記しよう

インターネットにはたくさんの情報が溢れています。
あなたのホームページもその情報の中の一つです。
たくさんあるホームページの中からあなたのサイトを見てもらえるようにするにはどうすればいいでしょうか。

その方法の一つが"メリット"を明記することです。

メリットを発信して、訪問者の心をつかむ

ホームページを通してあなたは、自分のことや会社で扱っている商品やサービス、
どんな思いでホームページを運営しているかなど、たくさんの人にメッセージを伝えることができます。
さまざまなメッセージの中でも、もっともたくさんの人に見てもらえる可能性があるのが"メリット"です。メリットとは価値を意味します。

自分にとってメリットがない限り、人はなかなか興味を示してはくれませんが、逆にメリットがあれば、人は興味を示してくれます。
トップページの「ホームページ説明文」にも、どのような価値を提供できるかというメリットを明記して、訪問者の心をがっちりキャッチしましょう。

キャプチャ
ホームページを訪れる人にとってのメリットを考えてみよう

それでは、ホームページを訪れるひとにあなたはどのようなメリットを提供できるのでしょうか。ここではメリットを考える方法をご紹介します。

・ホームページ訪問者の悩みを考える

人が商品やサービスを手に入れようとするのは、何らかの悩みや問題を解決したい時です。

例えば、カイロプラクティックを受けようとする人は「肩が凝っている」とか「腰を痛めた」などの悩みを持っているはずです。まずはホームページを訪れる人の悩みを明確にしましょう。

・悩みを解決するメリットを考える

ホームページを訪れる人の悩みを明確にしたら、今度はそれを解決するメリットを提示しましょう。たとえば、先のカイロプラクティックの例であれば、「肩こり、腰の痛みをやわらげます」というようなことがメリットになります。

このようにホームページ訪問者の悩みを考えることからはじめて、ホームページ訪問者にとってのメリットを洗い出しましょう。

メリットの書き方

ここまでできたらいざ、ホームページにメリットを書きましょう。

と、その前に気をつけたいのが書き方です。例えば下記の2つの文章では、どちらに良い印象を受けるでしょうか。

例1. 海外の技術を取り入れた最新のカイロプラクティックを提供します。

例2. たった10分で肩こりがすっきり解消するカイロプラクティックを提供します。

一見、どちらもメリットを書いているように思えますが、例1はホームページを作った人の目線で書かれています。

一方、例2はホームページを見た人の目線で、見た人にとってどういう価値があるかが書かれています。このように、見る側の気持ちを考えて書くことが重要です。

まとめ

メリットを明記することで、ホームページ訪問者の心をキャッチすれば、もっと詳しくホームページを見てもらえるはずです。

使える例文集!」の記事では「ホームページ説明文」に使える例文集を紹介しています。例文集とメリットを組み合わせて明記することで、あなたのホームページはもっと魅力的に見えるはずです。是非参考にしてください。

気軽につくれる、素敵なホームページ「とりあえずHP」

とりあえずHPは、素敵なホームページを気軽につくることができるホームページ作成サービスです。
「メールを送る」程度のパソコンスキルがあれば、驚くほど簡単にホームページを作成することができます。
業種ごとに作り込まれたテンプレートデザインや文章のサンプルもあるので、ホームページづくりにあまり時間が割けない人にもおすすめ。大切な時間をホームページ作成に費やすのではなく、本業に集中させることができます。

PAGE TOP