ttl_column

ちょっとした工夫でアクセス数UP!METAタグの基礎知識

皆さんは、ホームページの「集客」について考えたことがありますか。 ホームページを作成したら、できるだけ多くの人に訪れてもらい、自分たちの商品やサービスを知ってほしくなりますよね。では、どうすれば、ホームページに訪れる人が増えるのでしょうか。 今回は、アクセスUPのちょっとした工夫についてご紹介します。

検索エンジンの表示結果に注目する

皆さんがインターネットでなにかを調べるとき、GoogleやYahoo!といった検索エンジンを使うと思います。まずは、検索結果画面に注目してみてください。

1

(Yahoo!「とりあえずHP」検索結果)

検索結果には、「タイトル」と「ページ概要」がセットになって表示されます。

「タイトル」はタイトルタグ、「ページ概要」はディスクリプションとも言い、検索表示結果に並べられる「玄関」のようなもの。玄関の門構え一つで、クリック数が大きく左右するのは言うまでもありません。ついクリックしたくなるような「タイトル」、「ページ概要」を考えることが大切です。

なお、タイトルとページ概要を入力する所定の場所がありますが、自分が埋め込んだタイトル、ページ概要ではない文章が、検索表示結果に採用されることがあります。入力したタイトル、ページ概要よりも、ホームページ内容をわかりやすく伝える一文があれば、そちらが採用されるためです。

また、自社のホームページに掲載されている商品やサービスに関連性の高い言葉を「キーワード」としてホームページに埋め込んでおくと、そのキーワードが検索されたときに、自社のホームページが検索結果として表示されることがあります。SEO対策として、キーワードも考えてみましょう。

以上をまとめると、SEO対策の第1段階として、次の3点を押さえておくと良いでしょう。

  • タイトル
  • ページ概要(=ディスクリプション)
  • キーワード

実際に、タイトルタグ、METAタグを設定してみよう

とりあえずHPでは、簡単に、タイトルタグやMETAタグ(キーワード、ページ概要)を記入できるようになっています。下記に記入方法が記載されていますので、是非チェックしてみてください。可能であれば、ページ毎に入力することをオススメします。

▽サイト全体にMETAタグを設定する
https://pr.toriaez.jp/navi/howto/56.html
▽ページ毎にMETAタグを設定する
https://pr.toriaez.jp/navi/howto/57.html

ターゲットから選ばれるホームページになるには

最後に、ついクリックしたくなるような文章表現について考えてみたいと思います。例えば、「イタリアン 東京」と入力すると、下記のような表示結果が出てきます。

スライド3

(2016年2月22日 Google検索結果 一部内容を抜粋しています)

タイトル

「タイトル」に注目すると、「東京の絶品イタリアンが食べられるお店15選」や、隅付きカッコで【本当に美味しい】と記載されているホームページは、パッと注目を集めそうですね。つい訪問してみたくなるタイトルかもしれません。

ページ概要

「ページ概要」部分も、かなりバリエーションがありますが、読み手の心理を考えた文章は参考にできる部分も多そうです。「〜そんな経験はありませんか。」「〜参考にして下さい。」など、文体も読み手を意識するといいですね。

タイトルやディスクリプションは、ちょっとした工夫が他のホームページと差をつけ、訪問者数を増やすことにつながります。「必要な情報が得られそう!」「魅力的なホームページかも」と思ってもらえるように、ターゲットの気持ちになることが大切ですね。

気軽につくれる、素敵なホームページ「とりあえずHP」

とりあえずHPは、素敵なホームページを気軽につくることができるホームページ作成サービスです。
「メールを送る」程度のパソコンスキルがあれば、驚くほど簡単にホームページを作成することができます。
業種ごとに作り込まれたテンプレートデザインや文章のサンプルもあるので、ホームページづくりにあまり時間が割けない人にもおすすめ。大切な時間をホームページ作成に費やすのではなく、本業に集中させることができます。

PAGE TOP