ttl_column_20141219

お客さんの見たい情報を掲載して選ばれるホームページにしよう!

今回は、ホームページに訪れてくださった見込み客を逃さないために、ぜひやっていただきたいことをご紹介いたします。

インターネットの特徴に“ユーザーはせっかち”という点があります。 ホームページを見て自分が探している情報がなさそうだったり、見つけにくかったりすると、すぐに他のホームページにいってしまいます。みなさんも普段インターネットを使っているときを思い出すと似たような経験があるのではないでしょうか?

これはインターネットが手軽に多くの情報を探せる点に原因があります。

しかしながら、お客様が探している情報が何かということををきちんと考え、ホームページを作成することで、お客様を逃がさずに済むことができます。そこで今回はお客様が探している情報は何かを考え、整理してみましょう!

1.お客様が会社やサービスを探す理由を考える。

あなたがターゲットにしているお客様は何を目的にあなたの会社やサービスを探しているのでしょうか? ここではホームページということをなしにして、思いつく限り書き出してみましょう。

例)工務店の場合

  • ローコストの家を建てる工務店を探している
  • 地域に密着した工務店を探している
  • ○○地域の木を使っている工務店を探している
  • デザインのいい家を建てたい
  • 自然素材を使った家を建てたい
  • (設計事務所などが)自分で設計した家を施工してくれるパートナーを探している

など

2.お客様がホームページを見に来る理由を考える。

ホームページに視点をおいてお客様の目的を整理してみましょう。 「ホームページで○○がわかると嬉しい」という視点でどんどん書き出してみましょう。

例えば、工務店で「地域に密着した工務店を探している」人はホームページでどんな情報がわかると嬉しいでしょうか?

例)

  • どこの地域の工務店かがわかる
  • (見学会などの)イベントの情報が見れる
  • 実際の施工した家の写真が見られる
  • スタッフの写真やプロフィールが見られる
  • 実際に建てたお客さんの声が読める
  • 店の電話番号がわかる
  • 木材や資材にどういうものを使っているかわかる
  • 家づくりに対する思いがわかる

など

3.2で考えたお客様が“わかるとうれしい情報”をホームページ掲載する。

お客様が“わかるとうれしい情報”がまとまったら、早速、ホームページにアップしましょう。トップページや記事ボックス、フリースペースなどをうまく活用して、お客様の興味をそそる情報を追加しましょう!

記事ボックスなどの設置方法についてはこちら

まとめ
いかがでしたでしょうか?
お客様の目的を整理して、ホームページにその情報を載せることでお客様に"選ばれる"ホームページになるでしょう。 ホームページにどんな情報を載せればよいか迷っている方は、参考にしていただけると幸いです♪

気軽につくれる、素敵なホームページ「とりあえずHP」

とりあえずHPは、素敵なホームページを気軽につくることができるホームページ作成サービスです。
「メールを送る」程度のパソコンスキルがあれば、驚くほど簡単にホームページを作成することができます。
業種ごとに作り込まれたテンプレートデザインや文章のサンプルもあるので、ホームページづくりにあまり時間が割けない人にもおすすめ。大切な時間をホームページ作成に費やすのではなく、本業に集中させることができます。

PAGE TOP