20150218ttl

記事を書くときに知っておきたい「上手な見出しの書き方」

新聞や雑誌、ブログの記事で重要な役割を果たしている"見出し"。
多くの人は"見出し"を見て、その記事の続きを読むかどうか瞬間的に判断しています。
今回は、以前解説した「ブログのテーマに迷ってしまった方へ」につづき、ブログの"見出し"の書き方についてポイントをご紹介します。

「とりあえずHP」には、ブログ連動機能があります!

「とりあえずHP」では、アメーバブログ、JUGEMブログ、エキサイトブログ、ライブドアブログなど、外部のブログサービスと連動させる機能を備えています。連動させたブログの更新情報がホームページに表示され、ホームページを訪れた人へのPRになりますよ!

▽詳しい設定方法はこちらから
https://pr.toriaez.jp/navi/howto/48.html

1.記事の内容を一行でまとめる

見出しに迷った時、もっとも簡単で的確に見出しを書く方法があります。

それは、一度記事を書き上げた後、内容を一行でまとめるという方法です。

見出しはそこに何が書いているかを示す道しるべです。読者は見出しを見て「こんなことが書いてあるのか」と期待してその先を読み進めるので、 まずは、記事の内容を要約して、見出しと本文記事に相違のない自然な見出しをつくることを目指しましょう。

 

2.結果を表現する

記事を読んだ後どんなメリットが得られるか"結果"を表現した見出しは効果が高くなります。
インターネット上にはたくさんの情報がありますが、読者はすべての情報を見られる訳ではありません。できるだけ時間をかけずに自分に必要な情報を得たいというのが多くの読者の心理です。

例えば英語学習のブログで、

「日頃から英語に親しむことで、語学力がアップする!」

という見出しでは、漠然として続きを読もうという気が起きないかもしれませんが、

「1日5分、通勤通学途中にリスニングCDを聞くだけでTOEIC200点アップ!」

など、具体的に語学力がアップする方法が書いてありそうだ、と感じると続きを読みたくなります。 「読者にとってどんなに素晴らしいことが起こるのか」を端的に伝えることで続きを読まれる可能性は飛躍的に高くなります。

 

3.ターゲットを設定する

「誰に向けて書かれているか」を見出しに盛り込むことも有効な方法です。その際、ターゲットを絞り込むとより効果的な見出しを書くことができます。

例えばピアノ教室のブログで

「ピアノを弾きたい方必見!気軽に参加できるレッスン」

だと、クリックする人もいると思いますが、対象が子供から年配まで幅広いため読者は、自分にとって役に立つかどうかの 判断ができず、結果としてクリック数は伸びません。

「40〜50代、未経験でも参加できる!ピアノレッスン」

という見出しの記事であれば、40〜50代のピアノ未経験者でも参加できるレッスン情報が書かれているんだな、とすぐにイメージできます。 誰に向けた記事なのかを盛り込むことで読まれる見出しを書くことができます。

 

4.簡潔に短くまとめる

見出しはじっくり読まれる文章ではないため、一目でそこに何が書かれているか判断できるテキストでなければなりせん。

前述の通り、読者はたくさんの情報の中から、見出しをもとに記事を読むかどうか判断しています。見出しの中にいくら有用な情報が詰まっていたとしても、長いだけで見過ごされてしまいます。

具体的な文字数の決まりはありませんが、おおよそ30文字以内を目指すと、過不足のない見出しを書くことができます。

 

まとめ

ここまでで解説したターゲットの設定や読者にとってのメリットなどを押さえれば、効果的な見出しをつけることができます。

自分が記事を読む時、どういう見出し、どういう言葉に惹かれて記事を読んでいるか考えてみると、さらに効果的な見出しを付けることができるかもしれません。ぜひ工夫してみてください。

気軽につくれる、素敵なホームページ「とりあえずHP」

とりあえずHPは、素敵なホームページを気軽につくることができるホームページ作成サービスです。
「メールを送る」程度のパソコンスキルがあれば、驚くほど簡単にホームページを作成することができます。
業種ごとに作り込まれたテンプレートデザインや文章のサンプルもあるので、ホームページづくりにあまり時間が割けない人にもおすすめ。大切な時間をホームページ作成に費やすのではなく、本業に集中させることができます。

PAGE TOP