レベル1 – Googleサーチコンソールでサイトマップを登録する

とりあえずHPでは、小規模事業者向けに、自分でできるSEO対策をレベルに分けてご紹介しています。今回は、レベル1「サイトマップの登録」についてご紹介します。

まだサイトマップを登録していない、という方は、ぜひ試してみてください!
なお、この記事をご覧いただく前にあらかじめ下記をご覧いただくとスムーズです。

検索エンジンの基礎知識
レベル1 - Googleサーチコンソールでホームページの所有権を確認する

サイトマップとは?

「サイトマップ」は、検索エンジンに対して、最新の「ホームページの構成」を伝えるために作成されるファイルで、ホームページの「目次」のようなイメージです。一般的には「XML」や「RSS」などのファイル形式で作成されます。

あくまでもGoogleなどの「検索エンジン」のロボット向けのファイルなので、人間が閲覧しても、見た目上はコードが並んでいるだけですが、ホームページの各ページのURLや、ページごとの最終更新日など、ホームページの最新の状況がわかるようになっています。

ホームページの「最新情報」を伝える必要があるため、例えば新しいページを追加したり、ページの内容を変更したりした場合は、サイトマップ自体もアップデートする必要がありますが、「とりあえずHP」で作成したホームページの場合は、公開中のページ情報や更新情報をもとに、自動的にサイトマップが作成されるようになっているため、サイトマップは常に最新の状態になっています。
※ユーザー様側で特別な準備は不要です。
※非公開に設定しているページはサイトマップには含まれません。

ブラウザで、ご自身のホームページのURLのうしろに「sitemap.xml」をつけてみるとサイトマップにアクセスできるので、一度確認してみるのもおすすめです。
(例:https://www.●●●●.com/sitemap.xml)

Googleサイトマップ登録のメリット

サイトマップの登録をしていない場合、検索エンジンは、ホームページの各ページをメニューなどの「リンク」辿りながら巡回し、ホームページ全体の構成を分析していきます。この場合、意図した構成で認識されなかったり、一部のページがインデックスされない、という可能性もあります。

しかし、サイトマップを事前にGoogleに申請しておくことで、Googleはサイトマップに記載された構成をあらかじめ把握したうえで、これに沿って各ページを巡回するため、正確な構成が伝わりやすくなります。

また、一般的に、ホームページ公開後(または内容を更新後)、検索エンジンがホームページを巡回するまでに2〜4週間かかると言われていますが、サイトマップを登録することで、検索エンジンに「新しく公開しました(または、内容を更新しました)」という申請をすることになるため、巡回までの期間を早められる可能性があると言われています。

なお、Googleと同じ検索エンジンとして広く知られている「Yahoo!」について、サイトマップを登録しなくていいの?と心配になる方もおられるかもしれません。
実はYahoo!はGoogleの検索エンジンをを利用しています。そのためGoogleのサイトマップ登録をしておくだけで良いとお考えください。

Googleサーチコンソールでサイトマップを登録する方法

Googleの所有権確認が完了していれば、あとは簡単にサイトマップを登録できます!
※まだ所有権確認をしていない場合は使い方ページを参考に先に所有権確認を行います。

まずはGoogleサーチコンソールにログインします。

Googleサーチコンソール

img_column_seo-1-6_001

画面の左上をクリックし、あなたのホームページのアドレスを選択します。

img_column_seo-1-6_002

次に、左側の「サイトマップ」をクリックし、右側の赤枠内に「sitemap.xml」と入力します。

img_column_seo-1-6_003

入力できたら「送信」をクリックします。

img_column_seo-1-6_004

上記のようにステータス欄に「成功しました」と表示されていれば、サイトマップの登録は完了です。
※登録されるまでに数日かかる場合もあります、その場合は数日経ってからアクセスしてみてください。

新しくホームページを公開したときや、ホームページの更新を行なった際には、上記の流れでサイトマップを登録してみましょう。

気軽につくれる、素敵なホームページ「とりあえずHP」

とりあえずHPは、素敵なホームページを気軽につくることができるホームページ作成サービスです。
「メールを送る」程度のパソコンスキルがあれば、驚くほど簡単にホームページを作成することができます。
業種ごとに作り込まれたテンプレートデザインや文章のサンプルもあるので、ホームページづくりにあまり時間が割けない人にもおすすめ。大切な時間をホームページ作成に費やすのではなく、本業に集中させることができます。

PAGE TOP