訪問はりきゅう・マッサージ 和・彩・日 様

とりあえずHPアワード2018 準グランプリ

訪問はりきゅう・マッサージ 和・彩・日 様

  • 宮城県
  • # とりあえずHPアワード2018 受賞作品

私にとってのホームページ

受賞作品

2018年、振り返ってみると本当に挑戦の年でした。
こどもを保育園に預け、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の資格・勉強してきたことを活かし、開業する!という決意を固め、2018年に始動したのはよいものの、開業とは言っても訪問専門、地元もいま住んでいる仙台ではなく地力もない、資金もそんなにないなかで、まず何から始めようかというところで、HPを作成することが頭に浮かびました。


ただ、調べていくと、HPを作ってもらうのにはかなりのお金がかかる・情報を更新するのにも手間や費用がかかる、自分でいちから作るのには、プログラミングなどの知識や技術が必要で、そこからやるの~?・・・という状態で、眉間に皺を寄せながら、自分に見合ったものは何かないかなと調べていました。


すると、とりあえずHPさんが地方新聞で取り上げられたという記事をネットでみかけ、どんなもんかと思い検索してみると、費用もリーズナブル、プログラミングなどの知識も必要なし、更新もその都度自分でできるなんて三拍子揃っていて、これだー!と思い、申し込み、サクッと私にもHPが作れちゃいました!ひとまず、「こういうことをやっています」と社会に発信できたことにホッとしました。
ただなかなか依頼が増えず、仙台の起業家支援サロンに通い、チェックを受けることにしました。


自分からの見方だけで作ったデメリットが出ていたようで、客観的な見方ができていなくて、表現の仕方がわかりづらかったり、イメージ画像の活用が少なくてパッとみてわかる情報の見せ方をしていないなど、ありがたいことにダメ出しをたくさんもらい、試行錯誤の日々を過ごし、やっといまの形に落ち着きました。
私の事業の場合、HPをパンフレット代わりに使うというイメージで活用することに決めてから、HPに足を運んでもらうためにはという次の段階に移ることができました。


一歩ずつですが進んでいる実感があります。
少しでも多くの方に自分の治療・やっていることを知ってもらい、実際に治療を受けてみて欲しい、頼ってくださった患者さんを楽にしたい!その気持ちが伝わるように、今後もHPの見え方を研究したり、SNSでの情報発信などでリンクを増やしたり、知ってもらう努力を続けることで、これからもHPと一緒に成長していけたらと思います。

スタッフコメント

小さなお子さんを育てながら、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の資格をとり、2018年に一念発起して開業。ホームページもコツコツ改善。う〜ん、これだけでも千葉さんがどれだけのがんばり屋かということがわかります。これらのエピソードからは、「思い」を持ったら、「まず動いてみる」という、「思い」と「行動」がバランスよく並走して進んでいるという姿が垣間見えます。これは言い換えれば「地に足がついた、身の丈にあった起業をしている」ということであり、成功する人の大きな共通項です。ただ、起業期は誰もが不安定で、誰もが孤独です。頑張り屋の千葉さんですが、この時期には、相談すること/頼ること/お世話されることも、とても大切ですよ。(審査員:波多野 卓司)


子育てをしながらの開業という大きなチャレンジのエピソードです。ホームページは立ち上げて終わりではなく育てることが重要ですが、「和・彩・日」さんはホームページを作ってから、起業家支援サロンでチェックを受けるなど試行錯誤と改善を続けられているという点に好感を持ちました。テンプレートの選び方や文章の書き方も上手で、人柄が現れるような素敵なホームページが印象に残りました。(審査員:永井 史威)

※ユーザー様のホームページデザインおよび、記載されている「とりあえずHP」のサービス内容や価格は、ユーザー様が声をお寄せくださった当時のものであり、現在とは異なる場合がございます。

PAGE TOP