【初心者向け】飲食店・レストランのホームページ作成のコツ

「そもそも飲食店にホームページって必要なの?」

そう考える方も多いのではないでしょうか。必要な情報はすべてグルメサイトに載ってますし、情報発信はSNSが主流な時代です。 しかし、結論から言いますと、飲食店にもホームページは必要です。ホームページを持っているお店と持っていないお店では、お客様に提供できる情報の量が全く違います。

食べログやぐるなびなどのグルメサイトはたしかに便利ですが、グルメサイトには、あらかじめフォーマットがあり、決められている情報しか載せられません。自分のお店だけの強みや他店との違いをすべて載せきることができないのです。

ホームページがあれば、メニューや食材へのこだわりはもちろん、外観、内装、コンセプトなどを存分に伝えることができます。どんなお客様に来てほしいかを想像しホームページを作ることで、お客様に直接アピールができるので、結果的に集客にも繋がります。

これからお店をオープンする予定がある方はもちろん、お店はあるけれどホームページを持っていないという方は、自分のお店のホームページを作成することをおすすめします。

このページでは、飲食店・レストランのホームページを作りたい方向けに、ITやパソコン初心者の方でもホームページを自作できる、ホームページ作成のコツをご紹介します。

①ホームページの目的を明確にする

まずは何のためにホームページを作るのか、目的を明確にしてみましょう。

飲食店のホームページを作る場合の目的の多くは、お店の魅力を伝え、来店してもらうことにあると思います。

ホームページを見た人に、「このお店に行ってみたい」と思ってもらうことがゴールとなります。

②ホームページを見てもらいたい相手をイメージする

目的が明確になったら、どんな人にホームページを見てもらいたいかを具体的にイメージしてみましょう。ホームページを見てもらいたい人、つまり、今後自分のお店のお客様になってほしい人です。

例えば、レストランの場合だと「若者に人気の街にあるので、20代前半のカップルに来てほしい」「テイクアウトも充実しているので、30代の独身男性の方に見てほしい」「比較的カジュアルな雰囲気で、メニューも豊富なので、ファミリー層に来てほしい」などのケースが考えられます。

このように、ホームページを見てもらいたい相手の詳細なイメージを洗い出してみましょう。もうすでにお店を持っている方は、実際に来店しているお客様にどんな人が多いかを参考にしてみるのもよいでしょう。

ホームページを最も見に来て欲しい対象となる人をマーケティング用語では「ターゲット」と呼び、さらにターゲット像を詳細にし、人物の特徴やニーズまで想定し表現したものを「ペルソナ」と呼びます。ペルソナを具体的にイメージしてみることで、ホームページの内容やデザインの方向性を考えやすくなります。

例)レストランのペルソナ設定イメージ

年齢 30代の夫婦
家族構成 幼稚園児と小学生の子供がいる4人家族
住まい 東京都世田谷区
ニーズ 子供がまだ小さいので、外食といえばファミレスになってしまう。特別な記念日にたまには家族でレストランに行きたい。
職業 会社員の夫とパートの妻
趣味・ライフスタイル 月に一回外食に行くと決めていて、子どもたちもそれを楽しみにしている。休日は家族でおでかけをすることが多い仲良し家族。
③ホームページの内容をイメージする

ホームページを見てほしい相手を具体的に想像できたら、その人はどんなことを知りたいのか考えてみましょう。

先程のレストランの例では、ペルソナの30代の夫婦は、小さい子がいても家族で食事を楽しめるレストランを探しています。このペルソナの知りたい情報は、以下のようなことがメインになると思います。

  • 子供連れでも入りやすいか
  • 子供向けのメニューもあるか
  • 子供用のカトラリーやエプロンはあるか
  • 価格帯はどれくらいか
  • 駐車場はあるか
  • 予約はできるのか
  • アレルギーに対応してくれるのか
  • 個室もあるのか
  • 子供が飽きないか

これらの情報を伝える上で、ホームページはどんな内容にすると良いでしょうか。以下は掲載内容の一例です。

子供連れでも入りやすいか コンセプトを伝えるページで、小さいお子さんがいても食事が楽しめるお店だということを明記
子供向けのメニューもあるか メニューページに、お子様用のメニューを掲載
子供用のカトラリーやエプロンはあるか 「よくある質問」のような一問一答形式のページを用意
価格帯はどれくらいか 料金表を掲載
駐車場はあるか アクセスページでお車でお越しの方への案内を明記
予約はできるのか 予約可能であれば、予約方法や注意事項を明記
アレルギーに対応してくれるのか 事前申請でアレルギーに対応ができたり、アレルギー対応のメニューがあれば明記
個室もあるのか 店内の内装や雰囲気のわかる写真を掲載
子供が飽きないか 子供向けの絵本があるなど、子供向けのサービスがあれば明記
④ホームページで実現させたいことに優先順位をつける

ホームページの内容を考えていくうちに、ホームページでやりたいことがたくさん出てきた方もいると思います。

ホームページで予約受付ができるようにしたい、空き状況がすぐに確認できるカレンダーを作りたい、デリバリーの受付も行いたい、オンラインショップも始めたい…などあれもこれもと考えてしまうと、なかなかホームページの制作が進みません。

もちろん、パソコンやITが得意なので、様々な機能を自分で組み込めるという方や、ホームページの公開予定までまだ時間に余裕があるので色々試したいという方は、やりたいことをすべて実現させていただくのが一番良いです。

しかし、パソコン初心者の方や、開業準備の片手間でやらなければいけない、お店の営業が終了してからでないと手がつけられないという方は、ホームページで実現させたいことに優先順位をつけて取り組みましょう。

優先順位を付ける際には、ホームページの目的を意識するとわかりやすいです。ホームページの目的は、見ている人に「このお店に行ってみたい」と思ってもらうことです。どんなお店でも、まずはお店のコンセプトやメニューのこだわりをお客様に伝えられることを一番に優先して作成してみてください。

⑤ホームページのデザインをイメージする

ホームページの内容がイメージができたら、デザインについても考えてみましょう。

ホームページを見に来る人にどんな印象を持ってもらいたいか、そのためにはどんなデザインにすると良いかイメージしてみましょう。デザインを検討する際は、イメージをキーワード(言葉)にしてみると明確になるのでおすすめです。飲食店・レストランのホームページの場合、最も大切にしたいイメージをキーワードにすると、「美味しそう」と「雰囲気が良い」だと思います。

ここまで例に上げてきたペルソナの、小さなお子さんがいる夫婦に好感を持ってもらえそうなイメージとしては、他にもこんなキーワードが考えられます。

にぎやか、カジュアル、安心、暖かい、落ち着ける、ワクワク

実際のお店の雰囲気と、ホームページを見に来る人にとっての好感度が重なるイメージを考えて、色やデザインの雰囲気を想定してみましょう。 例えば、赤と緑を使うと、にぎやかで楽しいイタリアンレストランの雰囲気が伝わります。

また、カフェの場合は、落ち着いた印象を与える茶色や、木目の背景写真などを入れると、ゆっくりくつろげる印象が与えられそうですよね。他のお店のホームページからヒントが得られるかもしれないので、自分がいいなと思う、自分のお店に似ているジャンルのお店のホームページをリサーチしてみるのもおすすめです。

以下はレストランのホームページのデザイン例です。赤と緑を基調にしているので、イタリアンレストランだということがひと目でわかりますし、料理の写真を大きく使っているので、美味しそうな雰囲気も十分に伝わります。

飲食店のホームページのデザイン例
⑥ツールを使って飲食店のホームページを作ってみる

ここまで、ホームページを見に来る人を想定して内容やデザインを考えてきました。では、いよいよホームページを作成してみましょう。

ホームページには様々な作り方がありますが、パソコン初心者の方や開業準備で忙しい方、日々の業務が忙しい方は、ホームページ作成サービスを使うのがおすすめです。

ホームページ作成サービスは、イチから自分で作るのに比べ、簡単に作成できるのが一番の特徴です。HTMLやCSSなどの専門知識がなくても、ホームページが自作できます。

また、ホームページ作成サービスには、ホームページを作る時に必ず用意しなくてはならない、サーバーやドメインがセットでついていることがほとんどです。サーバーやドメインの設定は知識が必要で難しく感じる人も多いため、自分でやる必要がないのは大きなメリットです。

ホームページ制作会社に依頼した時にネックになる、費用や更新についてもメリットがあります。

費用については、サービスにもよりますが、一般的に月額3,000円〜10,000円程度になります。 機能を無料で試せる期間があるサービスも多いので、どのサービスが自分に向いているのか、いくつかのサービスを試してみるのもよいでしょう。 一部無料で使えるサービスも存在しますが、操作が難しかったり、ホームページ上に外部の広告が入ってしまう可能性もあるので、十分に検討しましょう。

加えて、ホームページで成果を得るためには、ホームページを作成した後も、日々の情報発信や新メニューの追加など、コツコツと更新をし、育てていくことがなによりも大切です。操作が簡単なホームページ作成サービスを使えば、いつでも好きなタイミングで、自分でホームページを更新できます。ホームページを運用していく上では、更新作業を自分でできることがとても重要です。ホームページ作成サービスを選ぶ際は、操作感やわかりやすさを重視して選ぶようにしましょう。

ホームページの作成方法や作成サービスがたくさんあって、何から始めればいいかわからないという方は、初心者向けのホームページ作成講座に参加してみるのも良いでしょう。このページの下部に、無料で参加できる講座へのリンクを設置していますので、気になる方はチェックしてみてください。

初心者でも大丈夫、本当にカンタンな無料ホームページ作成講座

「自分でできる!ホームページ作成講座」は、初心者の方や、パソコンやITに苦手意識がある方でも カンタンに使えるツールを使って、ホームページの作り方をさっと学べる90分間の無料講座です。 オンライン会議ツールZoomを使用しますので、ご自宅や職場からお気軽にご参加いただけます。 難しい専門スキルやセンスは一切不要です。まずは90分の無料講座を体験してみてください。

smallweb_1200-400

※本講座は、「とりあえずHP」の紹介を含みます。

気軽につくれる、素敵なホームページ「とりあえずHP」

とりあえずHPは、素敵なホームページを気軽につくることができるホームページ作成サービスです。
「メールを送る」程度のパソコンスキルがあれば、驚くほど簡単にホームページを作成することができます。
業種ごとに作り込まれたテンプレートデザインや文章のサンプルもあるので、ホームページづくりにあまり時間が割けない人にもおすすめ。大切な時間をホームページ作成に費やすのではなく、本業に集中させることができます。

簡単に自分で作れるホームページ作成ソフト

無料お試しはこちら

2万人以上が使う簡単ホームページ作成ソフト

無料お試しはこちら

無料オンラインサポート実施中

\ホームページ制作のプロに個別相談/

とりあえずHP無料個別レッスン

個別レッスンの詳細

PAGE TOP