中小企業・個人事業の簡単ホームページ作成ソフトならとりあえずHP

ご利用実績11000人突破!

ユーザー向け使い方サイトとりあえずHPNAVI

  • 30日無料体験のお申し込み
  • はじめて訪問された方とりあえずHP公式サイト
  • ユーザー向け使い方ガイドとりあえずHPナビサイト

もっと!活用コラム

2017年10月から見え方が変わる…Chromeで表示される警告とは!?

ttl_column_20170922

インターネットにアクセスする際に使う「ブラウザ」には、
さまざまな種類がありますが(ブラウザっていったい何?)、
なかでも、検索エンジン大手のGoogle(グーグル)が提供している「Chrome(クローム)」は、
機能面でも優れていることから、現在、国内外ともに使用率No.1となっているブラウザです。

「Chrome(クローム)」では、特別な設定をしていないかぎり、
ブラウザのバージョンが自動的にバージョンアップされるようになっていますが、
2017年10月に予定されているバージョンアップで(ブラウザのバージョンって何?)、
ホームページを作成するうえで見過ごすことのできない、
ホームページの表示に関わる重要な変更があると発表されています。

今回は、2017年10月から変わるChromeの表示について、
具体的な変更点とその背景をご紹介いたします。

どこが変わるの?

Googleでは、以下のように発表しています。

10月にリリース予定の「Chrome バージョン62」以降、
SSLに対応していないホームページを閲覧した場合の警告をさらに強化する

参照元:Googleセキュリティブログ(英語)

実際、どんなページでどのような警告が表示されるのでしょうか?
実は、「Chrome」では、現在も(2017年1月以降)、
パスワードやクレジットカード番号を入力するページで
SSLに対応していない場合に以下のような注意文が表示されています。

img_20170921_001

しかし、パスワードやクレジットカード番号を入力する必要のないページでは、
上記のような表示はなかったため、これまでは、
ホームページを見ている人に対しては大きな影響がありませんでした。

では、10月から何が変わるのかというと、
パスワードやクレジットカード番号を入力するページだけではなく、
電話番号やメールアドレスといった情報を入力するページでも、
SSLに対応していない場合、上記のような注意文が表示されるようにすると告知されています。

つまり、「お問い合わせフォーム」などがSSLに対応していないと、
このような注意文が表示されてしまうということに!

現段階では、注意文が表示されるからといって、お問い合わせフォームが送信できなくなる、
といった実際の操作に制限がかかるものではないと言われていますが、
「保護されていません」という文言が、ホームページを見ている人に
不安を感じさせるものであることは言うまでもありません。
とくにお問い合わせフォームでこのような表示がされてしまうと、
ホームページの成果にも影響する可能性があります。

なぜ変わるの?

前回の記事「ホームページの安全を守る!SSLって一体なに?」にて、
近年、インターネット全体の傾向として、セキュリティの観点から、
インターネットの通信を暗号化する「SSL」という通信技術の導入が
推奨されているということをご紹介させていただきました。

この「SSL」については、Chromeを提供しているGoogleでもその導入を強く推奨しており、
SSLに対応しているホームページを増やすために
検索エンジンやブラウザ側でさまざまな施策が講じられています。
今回のブラウザ「Chrome バージョン62」での表示変更もその施策のひとつと言えます。

現在のところ、「Chrome」以外のブラウザでは、
今回のように、ホームページの閲覧者に大きく影響するような表示変更はありませんが、
「Chrome」が変わることで、他のブラウザがこの動きに追従する可能性もあります。

より安全にインターネットを閲覧するために、通信技術は目まぐるしく進化し、
インターネットにアクセスするための“ブラウザ”も
それに合わせて次々とバージョンアップされています。

「とりあえずHP」は、そんなインターネット全体の変化に合わせ、
簡単・分かりやすいホームページ作成ツールとして、みなさまに快適にお使いいただくために、
これからもサービスを進化させていきます!

↑このページのTOP
  • ユーザー向け使い方サイトとりあえずHPNAVI
  • これってどうやるの?と思ったら使い方サポート
  • 問い合わせ前に必ずチェック!よくあるご質問
  • ユーザー同士でスピード解決!助け合い掲示板